« ご迷惑おかけしました(Twitterスパム) | トップページ | 草食系男子から植物系男子へ? »

伊ベルルスコーニ首相の女性問題

12【左】未成年買春容疑で捜査が開始されたイタリアのシルビオ・ベルルスコーニ(Silvio Berlusconi)首相(72)の相手を務めたと報じられたモロッコ人のカリマ・ケエック(Karima Keyek)さん(18)。(2010年11月13日撮影)(c)AFP/GIUSEPPE ARESU

【右】イタリア・アルコレ(Arcore)にあるシルビオ・ベルルスコーニ(Silvio Berlusconi)首相の私邸前で、18歳未満の少女の買春容疑で捜査されている同首相の辞任を求めるデモが行われた(2011年2月6日撮影)。(c)AFP

------------------------------------------------------
美人好きで有名なイタリアのベルルスコーニ首相には女性問題があると数年前から報道されており、17人の女性との乱交パーティーの報道もあった。この度は相手が未成年者であり、買春容疑でミラノ検察が捜査をはじめたとのこと。イタリアの首相私邸前では辞任を求めるデモが行われ、市民と警官隊との衝突もみられている。
日本でも、2月13日(日)午後、在日イタリア女性によるベルルスコーニ首相糾弾の集会が開かれる予定。
(↑集会へ取材に入りますので、後日可能な範囲で報告します)

私個人は、数年前から同首相のご乱行を伝え聞くにつけ、イタリアは女性問題に対してなんと寛容な国であるかと半ば呆れながら報道を見ていたが、家族を愛するイタリアンの未成年者に対する目は厳しい。(冒頭の写真を見て、彼女は本当に未成年かと驚かれる向きもあるだろうが、疑惑時彼女は17歳、ベルルスコーニ首相は72歳)

日本では宇野宗佑(1922ー1998)が有名だ。宇野氏は、リクルート事件と消費税導入で支持率を落とした竹下登が辞任した後、1989年第75代内閣総理大臣に就任。ところが、内閣発足の3日後に『サンデー毎日』が神楽坂の芸妓による告発記事(*)を掲載し、女性スキャンダルも原因のひとつとして退陣に追い込まれた。総理在任期間69日、日本政治史上4番目の短命内閣である。

また、最近では自民党議員が「君のお母さんともご一緒したい」発言をしたとかしないとか、寝姿の写真が週刊誌に掲載された。男性だけでなく、民主党女性議員は元不倫相手男性から提訴されたが党から辞任要請はされていない。
個人的には、男女の睦言と政治理念は異なるものであり犯罪行為でないかぎり私生活を厳しく問い聖人君子たれとは望まないが、それも崇高な政治理念あってのこと。


(*)芸妓の告発
ベルルスコーニ首相と同様、宇野氏もきわめて美人好きだったようだ。神楽坂一の美貌を誇る芸妓に、「自分の愛人になったら毎月これだけのお手当てを出す」と自分の指三本を握らせた(提示のしかたがお下品だわ)。
芸妓は当然300万円だと思ったら30万円だった、安く見られたことに激怒しマスコミに告発したといわれている(が、一説には糸山英太郎氏が記者懇談の席でオフレコで発言した内容が独り歩きしたともいわれている)。お手当て額の提示が一桁違うと彼女が気付いた経緯は報道されていない。


明日の在日イタリア女性集会(デモ)を前に、外国人記者クラブのイタリア人記者と話していたとき、
「池内さん、日本でベルルスコーニ首相のような事件が起こったらどうなりますか」と問われて思い出したのが、上記宇野総理の顛末である。

現在の総理は、一つ年上イトコお姉ちゃん女房の尻に敷かれているため女性問題は起こりそうにないが、かつて野党議員だったときは某女に党費を使って仕事を依頼したともいわれていた。まあ、先の党首討論で1分間に100回もまばたきするほど菅総理は疲弊しているため、女性問題を起こすことはなさそうだが。

------------------------------------------------------
以下、伊ベルルスコーニ首相のAFP報道。
------------------------------------------------------
【2011年1月15日 AFP】
イタリアの検察当局は14日、未成年者買春などの疑いで同国のシルビオ・ベルルスコーニ(Silvio Berlusconi)首相(72)の捜査を開始した。

 ベルルスコーニ首相は2010年の2月から5月にかけて、モロッコ人少女をミラノ(Milano)近郊の自宅に招き、買春した疑いを持たれている。また、この少女が2010年5月に窃盗容疑でミラノ(Milan)の警察に逮捕された際、ベルルスコーニ首相がその地位を乱用して警察に釈放を働きかけたとされる件についても捜査する。

 伊紙コリエレ・デラ・セラ(Corriere della Sera)は、ベルルスコーニ首相はミラノ近郊の自宅で数回にわたって未成年者買春を行った事実を隠し、自宅で行ったパーティーの詳しい内容が明るみに出ることを防ごうとしていると報じた。

 ベルルスコーニ首相は、かねてから自分は聖人君子ではないと語る一方で、買春をしたことはなく、この少女と性的関係はなかったと主張している。前年11月に18歳になったばかりのこの女性も、14日の現地紙レプブリカ(Repubblica)に掲載されたインタビューでベルルスコーニ首相の自宅には「普通のディナー」のために3度行っただけだと語り、同首相と性的関係を持ったことは否定している。

 イタリアの憲法裁判所は13日、ベルルスコーニ首相に一時的な免責特権を与えていた法律は違憲との判断を下し、同首相が関係する汚職事件の審理再開に道を開いた。コリエレ・デラ・セラ紙によると、警察はベルルスコーニ首相の側近ら関係者のオフィスなどを家宅捜索した。(c)AFP

【2011年1月18日 AFP】
イタリア・ミラノ(Milano)の検察当局は17日、未成年女性に対する買春疑惑がもたれているシルビオ・ベルルスコーニ(Silvio Berlusconi)首相がミラノ(Milano)近郊に所有する私邸で買春を行っていた事実を示す「大量の証拠」を入手したと発表した。

 イタリア司法当局は14日、ベルルスコーニ首相と当時、未成年だった通称「ルビー」と呼ばれるモロッコ人女性との関係に関する捜査開始を宣言。検察当局は「ベルルスコーニ首相が所有する複数の私邸で、相当な数の若い女性が多額の現金と引き換えに首相に対する売春行為を行っていた」容疑で、ベルルスコーニ首相の関連先などの捜査令状を申請した。

 検察当局は、「大量の証拠」があることを理由に、首相がパーティーに招いた若い女性たちに無償で自由に使わせていた疑いのあるミラノ近郊の私邸を家宅捜査する令状を申請するという。

 伊ANSA通信によると、証拠には「ルビー」さんと友人が交わした通話記録も含まれているという。

 捜査開始に先立ち、憲法裁判所は首相に対する訴追を一時的に免責する法律は違憲との判断を示している。

 検察当局は前週、ベルルスコーニ首相の資産管理を担当するジュゼッペ・スピネッリ(Giuseppe Spinelli)氏が売春婦に金銭を手渡していた疑いがあるとして、同氏の事務所の家宅捜査を警察に命じた。だが、令状の不備から捜査は実施できなかった。このため、17日にとった捜査令状の対象には、スピネッリ氏の事務所も含まれている。(c)AFP

------------------------------------------------------
現在世界的に報道されている記事は上記だが、ベルルスコーニ首相には数年前から女性問題のトラブルが絶えず、その結果、20歳年下の2度目の妻ベロニカ夫人も愛想をつかし離婚した経緯がある。
------------------------------------------------------

【2009年5月1日 AFP】
美人好きで知られるシルビオ・ベルルスコーニ(Silvio Berlusconi)伊首相に対し、妻のベロニカ(Veronica Lario)夫人がこのほど、公開書簡で夫を「厚顔無恥」と非難した。

 ベロニカ夫人は29日、ベルルスコーニ首相の女性問題をめぐる公開書簡を伊メディアに発表。「はっきりさせておきたいのは、私と子どもたちは犠牲者であり、共犯者ではないという点だ。私たちは堪え忍ばなければならず、そのせいで苦しんでいる」と述べた。

 公開書簡は主に、首相が率いる与党連合「自由国民(People of Freedom)」が6月の欧州議会選挙に擁立した女性候補者の選考方法について書かれている。メディア報道によれば、候補者らには女優や元ミス・イタリアなど「政治経験のない若くてかわいい女性」が含まれているとされる。

 夫人は、「かわいい女性が政界に存在すること自体は良くも悪くもない。しかし女性の曲線美の陰に隠されているのは、(ベルルスコーニ首相の)厚顔無恥と無遠慮だ。これは全ての女性、何より常に最前線で女性の権利を守るため戦っている人びとに対する攻撃だ」と容赦なく夫を非難。「(候補者選びは)皇帝のちょっとした道楽にすぎないと書いた記者がいたが、新聞で報道された内容が権力の名の下に行われた恥知らずなばかげたことだという点に、私も同意する」とこき下ろした。

 これに対しベルルスコーニ首相は、妻は「左翼メディア」を信じるべきではないと反論。「わたしの妻でさえも新聞報道を信じるというのは、残念だ。左翼メディアの情報操作だというのは明らかなのに」「われわれは教養があり、毎回投票に足を運び、他の政党の一部の人たちのように悪臭を放ったりみすぼらしい格好をしたりしない、そういう人たちでイタリア政界を活性化したいと考えているだけだ」と主張した。

 元女優のベロニカ夫人は、ベルルスコーニ首相より20歳年下で、2度目の妻。めったに公式の場に姿を見せないが、こうした公開書簡を発表するのは今回で2回目となる。(c)AFP/Gina Doggett

【2009年5月4日 AFP】
イタリアのシルビオ・ベルルスコーニ(Silvio Berlusconi)首相(72)の妻で、先日、公開書簡で結婚生活の苦悩をぶちまけたベロニカ・ラリオ(Veronica Lario)さんが、ついに離婚を決意し、弁護士と接触した。伊メディアが3日、報じた。

「ベロニカの選択:さようなら、シルビオ」「私は決めた。離婚する」――全国紙スタンパ(La Stampa)やレプブリカ(Repubblica)はこのような見出しで、夫人の言い分を一面で伝えた。

 夫妻と親しい知人の話として両紙が報じたところによると、ベロニカ夫人は離婚手続き担当の弁護士と接触し、できるだけ早期に手続きを進めるよう指示したという。ANSA通信も、追って2紙と同内容の記事を報じた。

 報道によると、ベロニカ夫人の堪忍袋の緒が切れた最大の原因は、首相が自分の子どもたちの誕生日パーティーには出ないのに、前週ナポリ(Naples)で取引先の娘の18歳の誕生日パーティーに出席したことだとみられる。

「結婚生活はもう終わり。小娘を追い回すような男となんて一緒に暮らせないわ」。スタンパ紙によると、夫人は友人にこう話したという。「彼が小娘とずっと付き合っていたという新聞記事を読んだわ。その子が18歳になる前からだというのは明らかで、彼のことを『パパ』と呼んでいることや、ローマ(Rome)やミラノ(Milan)でのデートの様子も。こんなこと、許し難い」

 ベルルスコーニ首相は報道について直接の言及は拒否したものの、約20年間の結婚生活が「苦しい期間」に突入していたことは認めた。

 一方、イタリア政府筋は、ベルルスコーニ首相の周囲に「離婚届を受け取るなどの確実な動き」は見られないと強調している。(c)AFP/Ljubomir Milasin

|

« ご迷惑おかけしました(Twitterスパム) | トップページ | 草食系男子から植物系男子へ? »

マスコミ」カテゴリの記事

コメント

よくやった我らがベルルスコーニ!
女性を性の目線以外で見るとはこれこそ女性蔑視
クソファッキンジャップにはこれが分からないんだろう

投稿: kkk | 2012年11月 5日 (月) 13時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533153/50852189

この記事へのトラックバック一覧です: 伊ベルルスコーニ首相の女性問題:

» 党首討論詳報 [ハッピィデイズ]
初党首討論 消費税増税2011年度末までに 3 毎日新聞によれば、党首討論が菅直人首相と自民党の谷垣禎一総裁、公明党の山口那津男代表により、9日に国会で開催。菅首相の就任後初めての党首討論となった。毎日新聞によれば、首相は消費税増税を含む税制の抜本改革について次のように語った。 ... 消費増税「11年度末までに法案」 党首討論で首相明言 201129 菅直... [続きを読む]

受信: 2011年2月12日 (土) 21時23分

« ご迷惑おかけしました(Twitterスパム) | トップページ | 草食系男子から植物系男子へ? »